日和佐城

日和佐城

 

~訪れた人に深い安らぎを与える~

 

城山の山頂、静かな林間にそびえる白亜の天守閣は町のどこからも眺められ、威容を誇っています。
建物の中は、展望室・展示室となっており、町内のパノラマが楽しめます。 また、付近には、テニスコートや遊歩道などがあり、家族連れの憩いの場となっています。
また、城山は町内の桜の名所でもあり、毎年、3月下旬~4月上旬の桜の季節には、大勢の花見客らでにぎわいます。


◇日和佐城の歴史

日和佐駅東前方に城山と呼ばれている標高65mの小丘がある。この城山の山頂が日和佐城跡である。元亀・天正(1500年代の初め頃)、日和佐の豪族日和佐肥前守が、阿波の南部侵入を目指す土佐の長宗我部勢を防ぐためにこの地に城を築いたと伝える。
日和佐肥前守が造った城は、天正十三(1585)年蜂須賀家政が、阿波に入国した際に廃城になったといわれているため、当時の城の形態に関しては、全くわかっていませんが、城の構えは、山城であったと考えられる。
現在は、昭和53(1978)年に日和佐勤労者野外活動施設として完成した、白亜の天守閣が建っている。

現在、無料開放中


◇日和佐城の施設案内

現在無料開放しております。展望のみですので展示物はありませんのでご了承ください。 

 

開館時間:午前10時~午後4時

※雨天の場合や臨時に休館する場合がありますので、下記までお問い合わせください。


 

問い合わせ・その他
国民の宿うみがめ荘(ベストウェスタン日和佐)/TEL:0884-77-1166
交通:JR日和佐駅(道の駅日和佐)から約1.3km(徒歩約20分、タクシー約5分)
駐車場:あり