美波町消防団団員の震災時の活動について

公開日 2012年12月16日

 

 美波町消防団では、この度、昨年の東日本大震災において250人以上の消防団員が死亡、行方不明となったことを教訓に、

 

地震・津波時の消防団員の活動対応について定めた、美波町消防団震災対応マニュアルを作成しました。

 

すべての消防団員が「自分の命、家族の命を守る」ことを最優先し、

 

1.大津波警報発令の場合は住民に呼びかけ、共に避難することし、津波警報が解除されるまで、津波による浸水が予測される

 

 地域では、一切の消防活動を行わない。

 

2. 2.二次災害の防止のため、大津波警報が解除されるまでは、避難先で待機させることを原則とする。

 

  などの内容となっています。

 

 住民のみなさまのご理解と、さらなる災害への備え、啓発をお願いします。

 

 

マニュアルは次のPDFファイルです。

 

消防団震災対応マニュアル.pdf(4.21MBytes)

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード