美波町の花・木・鳥

公開日 2010年12月15日

美波町の花・木・鳥

 

 平成22年9月10日に開催された、「町の花・木・鳥選定委員会」の答申を受け、美波町の花・木・鳥が平成22年9月15日付で制定されました。

 

◆町の花

  『サクラ』 (バラ科サクラ属、落葉高木、開花期:3月~4月)

サクラ 

  

  古くから日本人に愛され、春を告げる花の代表で、薬王寺など町内随所に桜の名所があり、人々に親しまれています。

 

◆町の木

  『ウバメガシ』 (ブナ科コナラ属、常緑高木、開花期:4月~5月)

 ウバメガシ

  海部郡に群生し、緻密で固く水にも沈む重い木で、炭の用材として重宝されています。暖かい地方の海岸林を構成する代表的な樹木です。

 

 

◆町の鳥

  『イワツバメ』 (ツバメ科 小型の渡り鳥) 

イワツバメ

  腰が白く、尾が短く、美波町で越冬することから、町の指定文化財となっています。 

お問い合わせ

本庁 総務企画課
TEL:0884-77-3611